梅のクエン酸・リンゴ酸・コハク酸は肝臓に効果ある?

梅にはクエン酸・リンゴ酸・コハク酸が含まれています。

一体肝臓にどういった効果をもたらすのでしょうか?

梅のクエン酸と肝臓

梅に含まれているクエン酸は最終的にビタミンCになるまでの間に何度も肝臓の酵素の影響を受けて成分が変化します。その最終的にビタミンCになるまでに生まれた成分は、それぞれに効能を持っているのが肝臓に良い影響を与える正体です。体を劣化させる要因として余分な脂肪や糖分が体の中に残ることで、それを消費しきれず酸化してしまうことです。

クエン酸がビタミンCになる際にその糖分や脂肪を燃焼してくれるので、その時に発生して栄養素強化に向かうというわけです。さらに毒素を分解する成分には、食べ物から摂取したミネラル成分が必要不可欠になります。ただミネラル成分はそのままでは活用されないため、ここでビタミンCに切り替わった段階で体に吸収されやすい形に変化するのでこれもよい効能を与えるのです。

梅のリンゴ酸と肝臓

梅に含まれているリンゴ酸と肝臓機能の強化の関係は抗菌性です。肝臓の力には食べ物から摂取した栄養素を吸収しやすい形にするのと、毒素を分解して無害化するのが主です。

しかしこの目的だけでなく体の中に侵入してきたウイルスに対しても対応する機能を持っています。元々機能が落ちている段階で、体に侵入されると無害化する力が弱っているので対応が遅れるので病気になりやすくなるのです。ただ弱っていても、病原菌が入ってきたことがわかれば活動をしてしまうので余計に疲れてしまう悪い流れになります。

そこで梅の中に含まれているリンゴ酸を吸収すると、この成分は弱酸性の力を使って病原菌の組織を壊して除菌する力を持っています。ウィルスの大半を死滅させることができれば、たとえ弱っていても頑張りすぎることがなくなるのでやがて機能が回復し始めるというわけです。

梅のコハク酸と肝臓

梅のコハク酸と肝臓は、タンパク質を分解して吸収しやすい形にするのに役に立ってくれます。肝臓も臓器であるため、主に構成しているのがタンパク質です。

ただ肉や魚などからタンパク質を吸収しても、その大半は皮膚やその他の臓器に使われてしまうため実際に使われる量は少なくなってしまいます。それででは疲れ切った状態を回復するのが難しくなり、最終的に機能が落ちてしまうことになるのです。そこで梅の中に含まれているコハク酸を吸収すると、この成分が食べ物から摂取したタンパク質の分解に大いに役立ってくれます。

大量のタンパク質の分解ができれば、それだけ還元される量も増えるので肝機能が強くなるというサイクルを生み出すことにつながります。

梅以外の肝臓食材と合わせるのがおすすめ

梅以外の肝臓食材とあわせることでより効果を発揮します。

と言っても毎日は難しいですよね?

梅×牡蠣×にんにくの肝パワーEプラスはいかがですか?