梅の効果|疲労回復や風邪予防に最適!

梅は疲労回復や風邪予防に効果があります。様々な成分が含まれていますが、有機酸も含まれています。有機酸の中にはクエン酸も含まれ、疲れの原因となる乳酸を抑える働きがあると考えて間違いありません。乳酸が筋肉に蓄積されると、首や肩の筋肉がこり、身体がだるくなります。また、血液中に乳酸が蓄積されると、細胞が老化します。

高血圧や動脈硬化等の生活習慣病の原因になりやすいと考えて間違いありません。有機酸の中には、クエン酸の他にもコハク酸やイソクエン酸、オキザロ酢酸アルファケトやフマール酸が含まれます。他にもアコニット酸やグルタル酸、リンゴ酸が含まれ、体内のエネルギー源を熱に分解する効果があります。クエン酸サイクルとよばれ、クエン酸が働きを活発にし、乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ出すことが可能と考えて間違いありません。

梅を食べると、体の中で疲労物質が発生するのを抑えることができます。

梅は風邪を予防する効果もあります。

クエン酸等の有機酸を含むため悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌が増えやすい腸内環境を作ることができ、免疫細胞を活性化させることで風邪の予防を行うことができると考えて間違いありません。

また、エポキシリオニレシノールという成分も含まれており、インフルエンザの感染や増殖を抑える効果があります。梅肉エキスを摂取すると、体内に侵入したウイルスや細菌を捕食する、免疫細胞マクロファージを活性化することができます。インフルエンザや風邪等の最近やウイルスを捕食することができるので、風邪の予防に効果があると考えて間違いありません。梅干を作る際に梅酢ができますが、梅酢ポリフェノールが含まれており、更に強い効果があります。

お茶を頂く際梅干を加えると、お茶に含まれるカテキンと一緒に摂取することができ、より効果が増すため、試してみることをお勧めします。1日に5粒程度食べるとウイルスの抑制が期待できるといわれており、毎日頂くとよいかもしれません。

コメント